日焼け止めよりも日焼け後アフターケアが大切!自分でできる保湿ケア紹介します。

日焼けする前に日焼け止めや日傘などの紫外線対策も必要ですが、日焼けしたあとのケアが結構大切。

「日差しが強い夏はおわったー!」と安心していてはいけません。もちろん、徹底的に紫外線ケアをしているひともです。

日焼け後のケアをすることでシミやシワをつくりにくくし、肌の老化を防止します。

では一体どういったことをすればいいのでしょうか?

日焼けしたあとはかならず保湿して!

外出して日差しを浴びている肌は熱を持っています。

軽く火傷している状態です。よく日焼けして水ぶくれになるひといますよね。

火傷と一緒の症状です。

なので日焼けしたらお水などをかけてクールダウンさせましょう。

お水をふくんだタオルをあてるのもありです。

そのあと、石鹸などで清潔な状態にし、保湿していきます。

熱を持つ皮膚を乾燥させるのが一番よろしくないことです。

化粧水、ジェル、オイルなどをつかって保湿をこまめに行いましょう。

 

日焼け後の保湿ケアにはアロエがいいらしい

日焼けしたあとに塗るといいのがアロエ成分がはいった化粧水やジェルです。

アロエは保湿力が高く消炎効果があります。

メラニンの生成を抑えるので日焼けには最適なのです。

こちらは沖縄産無農薬のアロエからつくられた保湿ジェルです。

肌に優しく天然のアロエパワーを発揮します。

馬油もいいらしい

 

アロエ以外にも馬油も日焼け後ケアにはおすすめです。

馬油をぬることで肌に油分が与えられるので肌が整います。

化粧水などたっぷりふくませたあとに蓋をするようにぬると効果的です。

たまに馬油は日中使用すると油焼けするという噂がありますが、サンオイルとはまったく違う油分なので大丈夫です。

ビタミンたっぷりな化粧水を塗りましょう

 

日差しをたっぷり浴びたダメージ肌にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれた化粧水を肌に含ませるといいでしょう。

ビタミンAは肌のダメージ回復、ビタミンCはお肌を活性化させメラニンの生成を抑えシミ予防に、ビタミンEビタミンCの働きを高めてくれます。

外からも大切ですが、ビタミンA、C、Eが多くふくまれた食材をとって中からのケアも大切です。

こちらはセラ VCローション。

ビタミンC誘導体7%配合の化粧水なので日焼け後ケアやニキビ・毛穴が気になる方に向いています。

日焼け後のボディケア

顔だけではなく体も保湿ケアが大切です。

腕や首元は特に日焼けしやすいので乾燥してシミにならないようにこまめに保湿しましょう。

化粧水をスプレーボトルにいれてふりかけたり、保湿クリームやジェルをぬるといいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です