UVカットマスクのおすすめまとめ!選び方や違いなど紹介!

紫外線が多い季節になると日焼け止めをつけたり、UVカット効果のある帽子や衣服を身につけることが多くなります。

そんな中最近身につける人が急増しているのがUVカットマスクです。

特に顔にシミやソバカス、シワをつくリタくない女性がつけていることが多いです。

そこで今回はおすすめのUVカットマスクをご紹介します。

UVカットマスクと普通のマスクどこが違うの?

UVカットマスクと聞くと、すごくごついものやつけるとちょっと恥ずかしくなりそうなデザインを想像してしまいますが、デザインは普通のマスクと変わらないので気にせず身につけることができます。

ではどこが違うのかというとまずは大きさです。

紫外線にあたる部分を極力少なくするために、普通のマスクよりも面積が大きくなっています。

あとは紫外線カット効果のある素材を使用していたり、UVカット加工がされていたりとメーカーによって作りが異なります。

夏につけることが多いのを考慮して通気性を高めているマスクが多いです。

UVカットマスクの選び方

UVカットマスクは今種類が多くなってきているのでどれを選んだらいいかわからないという方も多いと思います。

自分にあったUVカットマスクを選ぶポイントは以下の通りです。

  • UVカット効果が90%以上のマスクを選ぶ
  • 短期間使用なら使い捨て、長期使用なら繰り返し使えるタイプ
  • UVカット以外の効果は何があるのか?
  • デザインや色
  • 素材感やつけ心地

上記のポイントを押さえてUVカットマスクを選んでみましょう。

洗える多機能マスクFURAHA

こちらは洗えるマスクFURAHAです。

UVカット率98%以上、UPF50+なので紫外線対策には最適。

さらに、0.1ミクロン微粒子を99%捕集してくれるので花粉やウイルスから守ってくれます。

柄は全部で15種類あるのでおしゃれも楽しめますね。

こちらは洗えるマスクなので清潔感がありコスパも高いです。

マスクは乾燥防止にもなるのでのどや鼻の粘膜を保護してくれます。

耳が痛くならないゴムで、肌に当たる部分はふわさらなので違和感がありません。

フィッティ UVカットマスク

使い捨てタイプのUVカットマスクです。

SPF30 PA++なので日常生活にぴったり。

顔のラインにしっかりとフィットし、耳に優しいゴムを使用しています。

通気性が高い不織布を採用しているので蒸れず息苦しさもありません。

使い捨てタイプなので常に新しいものが使えて清潔!

Mulessマスク

MulessマスクはUVカット専用のマスクです。

紫外線を98%カット、UPF50+になります。

UPFは紫外線カット評価基準のことで、UPF50+なら17時間日焼けから肌を守ってくれるんだとか。

横面積が広いマスクでしっかりとお肌を守ってくれます。

あご先が空いているので蒸れずとっても涼しいです。

吸水速乾性が高いので夏につけても不快ではありません。

シンプルなベーシックデザインか女性らしいレースデザインから選ぶことができます。

ヤケーヌ スタンダード

顔だけではなく、首やデコルテの日焼けを防ぎたいならヤケーヌ スタンダードがいいでしょう。

鼻からデコルテにかけて覆ってくれるマスクです。

紫外線や赤外線を跳ね返す高機能糸を使用しているので洗濯してもUVカット効果が持続します。

UVカット率は96〜98%です。

ストレッチが効いているので伸びて顔にフィットしますし、吸汗速乾性があるので汗をかいてもさらっとしています。

ヤケーヌのいいところは、マスクをつけたままでも飲み物が飲めますし、眼鏡やサングラスがくもりにくくなっています。

紫外線アレルギーの方、車を運転される方、ガーデニングをする方、スポーツレジャーを楽しむ方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です