父の日に贈る羊羹(ようかん)ならこれ!おすすめ羊羹をご紹介します。

甘さと独特な食感が美味しい和菓子の定番羊羹。甘いものが好きなお父さんへ父の日にプレゼントされる方も多いようで、父の日がさしせまったこの時期は様々なセット商品が販売されています。どれもが個性的で面白みがある和菓子ばかりなので、父の日の羊羹選びに悩まれる方も多いと思います。

そこで今回は父の日におすすめの羊羹をまとめてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

今年もとらやの羊羹が父の日には人気ですね!

っということで調べてみるとやはり、とらやの羊羹を購入される方が多いようです。

最近テレビでも芸能人がよく購入した!とか話をしているのを見かけるので、その流れが一般の人にまで浸透しているのではないかと思います。もちろんとらや以外にも羊羹はありますので、早速チェックしてみましょう!

清涼感があり父の日の季節にはちょうどいい竹に入った羊羹

羊羹といえば夏の風物詩のひとつでもありますので見た目などの雰囲気も楽しみたい!というお父さんにはこのように竹に入った羊羹を贈ってみてはいかがでしょう?

夏季限定の商品で、丸い竹からにょろっと出てくる羊羹はつるつるしていてとても美味しそうですし、食べる時には竹の香りと羊羹の味が相まってとてもいい感じにの味わいになってくれます。

ちょっと高級な井上耕養庵 葛ようかんもおすすめ!

「若狭葛ようかん」は瓜割の滝の水を使い、若狭熊川葛の持ち味を生かした素朴な味が魅力です。
種類は3種類あります。若狭葛ようかん(あずき)はあずきの素朴な甘みを楽しむことができます。
空(白ゴマ)は、まろやかに白ゴマの風味が口の中に広がります。大黒(黒ゴマ)は味が濃いというかしっかりした味です。

こちらは様々な贈り物の場面で使われるごま系の羊羹です。3つ入っているのですが価格的にも普通の羊羹に比べると高めに設定されていて、普段味わえないような羊羹を楽しむことができます。

ゴマの香りが羊羹を口にいれた瞬間にぶわっと広がるので、ゴマ系の羊羹が好きなお父さんにおすすめです。

味はもちろん、素材や形、色と細部にまでこだわって作られた井上耕養庵の羊羹は一度は食べてみたい一品です。

高級な素材を使うことにこだわって作られた「むら山」の栗羊羹

「菓子は生きもの。一つひとつ真心を込めれば いい出来に仕上がります」。
創業者のこの信念を通し「むら山」は次第にお客様に愛されるお店となりました。今この心は従業員全員に受け継がれています。

栗羊羹は、羊羹そのものの味も大切ですが、やはり中に入っている栗の味によっても美味しさはぐっと変わるものです。

こちらの白小豆で作られた羊羹は、色が金色になるまでじっくりと火にかけられていて、時間と職人の気持ちをかけて作られた最高級の栗羊羹です。

中に入っている栗も3日間かけて煮込まれたマロングラッセが使用されているらしく、上品な甘みや深いコクで羊羹自体の味を相乗効果で高めてくれるようです。価格は少し高くなりますが高級志向のお父さんの贈り物にどうぞ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今年の父の日は羊羹系の贈り物もありですね( ̄ー ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です