お中元のお返しってどうする?相場やおすすめのお返し・表書き・のしなどの知識まとめ

7月に入るとお中元をもらうことが多くなってくると思いますが、意外とその後のお返しをどうするのか?というのに迷ってしまいますよね。お礼状は出した方がいいのか?どんな品物が人気なのか?

そこで今回はお中元のお返しについて紹介しておきます。相手と良好な関係を築くためにもお返しは大切です。ぜひ参考にしていただければと思います。

お中元 お返し 表書き 熨斗はどうする?

お中元のお返しは基本的にいらないとされており、最近ではお中元が届いたタイミングで、電話かメールでお礼の連絡を入れるのが一般的とされています。

また、お中元のお返しの品物を返す場合は、お中元でもらったものの半額ぐらいのものを準備して熨斗(のし)をつけてお返しすれば問題ありません。その際の表書きですが….

  • 7月15日頃までに贈る場合 → 御中元
  • 8月初旬から立秋まで → 暑中御伺
  • それ以降になる場合 → 残暑御伺

このように考えておくとわかりやすいと思います。下の部分に自分の名前を入れることを忘れないでください。

お中元 お返し 品物


お中元のお返しの品物はどんなものをプレゼントしたらいいのかということですが、お中元でもらった金額の大体半額ぐらいのものを選ぶといいです。

一般的にお中元の相場が3000円から5000円ぐらいと言われているので、2000円前後のものをお返しするといいでしょう。

ちなみに上記の商品は2300円前後なのでちょうど良い感じです( ̄ー ̄)

お中元 お返し 相場

先にちらっと紹介をしましたが、お中元のお返しの相場はもらったお中元の半額程度のものを渡すのが一般的です。

しかし最近は、金額よりも相手がもらった時に喜んでもらえるのはどんなものなのか?というのを考えて一番しっくりくる贈り物を選んでから金額をチェックする…というのがトレンドのようです。

私もお中元のお返しはよく選んだりするのですが、相場感はそこまで気にすることなく選ぶことが多いです。

大体2000円〜3000円ぐらいの価格で選ぶといいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今後も良好な関係を続けていくためにも、お中元をもらった際にはしっかりとお返しを考えるようにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です