バレンタイン 本命 片思いの彼に手作りチョコ ラッピングや渡し方など

バレンタインには様々なドラマがあるものです。

片思いをしている男性へ本命チョコを渡したり、本命だからといって手作りチョコにするのかどうか?などなど。
考えないといけないことがたくさんありますよね。

そこで今回はバレンタインに本命の男性へプレゼントしたり手作りチョコを渡したい!と考えている女性の方のために、ラッピングや渡し方などいろんなことを考察していきます。

バレンタインに本命にアタックをされる予定の方に参考になればと思います。

バレンタイン 本命 手作り

バレンタインに本命の男性に手作りのお菓子やチョコレートを渡そうと考えている方はこのような手作りキットがおすすめです。
このようなものが販売されているのはあまり知られていないのですが、材料や道具も全て揃っているのでとても作りやすく楽です。
楽しいですしね♪

ただし、彼氏や旦那などのようにすでに関係性ができているのであれば手作りでも問題ないと思いますが、まだ親交が深くない男性に渡す場合は、「重いな」と感じられないような渡し方の工夫が必要です。

バレンタイン 本命 ラッピング

バレンタインに本命の男性にチョコレートを渡そうと考えている方も多いと思いますが、本命ともなると中身のチョコやお菓子だけでなくラッピングにも気を使う必要があります。

手作りや市販のものなどせっかく準備したお菓子がしょぼいラッピングによって印象が変わってしまったらもったいないですからね。
おすすめはラッピングができるこのようなものを準備しておき、手作りしたチョコやクッキーを一つ一つ包んでいくのがおすすめです。

本命の男性には少しアクセントをつけるためにメッセージカードを添えてあげたりすると喜んでくれると思います。

バレンタイン 本命 片思い

バレンタインに本命の男性へチョコレートなどを渡す方も多いと思いますが、気を使うのが片思いの場合ですよね。
手作りのチョコレートやちょっと高級なチョコレートを渡してしまうと「なんだか重いな…」と思われてしまったりしたらどうしよう?
と悩まれている方も多いと思います。

たしかにその通りです。
バレンタインというイベントではありますが、自分が渡すチョコやお菓子のレベルと、その男性との関係性がしっかり合っていないとただただびっくりされて終わるだけですからね。

バレンタインだからといって片思いの本命の彼に告白しようとするのではなく、バレンタインというイベントを使ってより仲良くするための贈り物だという捉え方にするぐらいがいいと思います。

バレンタイン 本命 片思い 予算

では本命の男性で片思いなんだけど予算はどれくらいにすればいい?
という話になりますが、予算としては500円〜1000円ぐらいの相場になることの方が多いようです。

最近はデパートでも普通のショップでもバレンタイン用のお菓子が販売されているので、500円も出せば箱付きの上等なチョコを準備することができます。

バレンタインだからといって焦って力を入れてしまうよりも今の関係性をちょっとだけ深めるというぐらいに考える方がバレンタインの立ち回りとしては最適です。

バレンタイン 本命 市販

本命の彼に渡すバレンタインだからといって、手作りでなければいけないというわけはありません。
最近はバレンタイン用に作られた市販のものも多く販売されてきていますし、専用のものも多くあります。

男性もバレンタインにはたくさんのチョコレートやお菓子をもらうことになるので、そこにさらにチョコレートやお菓子を渡してしまうと「うんざり」してしまう可能性もあります。

ケーキや渡す男性が好きなグッズや小物など、市販されているプレゼントのようなものを準備してあげるのもいいかもしれませんね。

バレンタイン 本命 クッキー

最近のバレンタインで選ばれるお菓子はクッキーが多くなってきているようですね。
っといってもチョコレートの人気もまだまだありますが….

甘くつくったり、チョコチップをまぶしたり、甘さの調整をすることができるのでクッキーというお菓子はバレンタインにちょうどいいんだと思います。

また、手作りするにしても生地を作ってそれを型に入れて固めるだけなので作りやすいのも人気の秘密です。
市販されているものも、ギフト用になっているものだったり、ちょっと高級なクッキーだったりといろんなバリエーションがあり選びやすいです。

「どんなクッキーにしようかな?」っと悩まれている方は、楽天やアマゾンなどでクッキーをいろいろ見てみるのがおすすめですよ。

お急ぎの場合はアマゾンでの購入をおすすめします。
すぐに手元に届きますよ^^

バレンタイン 本命 生チョコ

安定した人気があるのが生チョコですね。
本命用のチョコに限らず、リーズナブルな価格でギフト用の生チョコが手に入るようになってきたので、バレンタインにはよく選ばれるチョコです。

本命の男性のために生チョコをレシピを見ながら手作りされる方もいらっしゃいますが、生チョコはちょっと難しいです。
実際に私も生チョコを作ってみようと思ってチャレンジしたことがあるのですが、不器用なので失敗しました(笑)

そこでおすすめなのがこのように販売されているものです。クオリティも高く受け取った男性もきっと喜んでくれると思いますよ。

バレンタイン 本命 予算

ここまで本命のバレンタイン用のチョコレートについて執筆してきましたが、では本命用の予算ってどれくらいなの?っと思われる方もいらっしゃると思います。

いろいろな雑誌やネットを見ながら調べてみましたが、相場は下記のようになっているようです。

本命チョコ手作り → 1000円〜
本命チョコ市販 → 1000円〜1500円
本命へのプレゼント → 2000円〜3000円

正直もう少し高い予算なのかな?と思っていたのですが、そこまで高くないようです。
あくまでもバレンタインというイベントの一つ、というところと、通販サイトや手作りをすれば予算を抑えられるという二つの観点から予算の相場が下がったのではないかと思います。

バレンタインのお返しを渡すホワイトデーはもう少し予算があがるようです。いつの時代も男性の方が大変なようです。

バレンタイン 本命 おすすめ

では「バレンタインに本命へ渡すものでおすすめのものはなんですか?」
という疑問をいただくことがよくあるのですが、私が個人的におすすめなのが花スイーツです。

手のひらサイズのプリザーブドフラワーで作られた造花に、ちょっとしたお菓子がセットになっている商品です。
枯れないプリザーブドフラワーということもありプレゼントにも縁起がいいですし、チョコレートをたくさんもらう男性にも「おぉ!」と好印象を与えることができます。

私の友達の男性も「チョコレートをもらうよりも何か残るものが欲しい!」と言っている人が多いので間違いはないでしょう。
おすすめですよ♪

バレンタイン 本命 渡し方 高校

では当日大切なのがバレンタインでの渡し方です。
せっかく時間をかけて準備したものですから、男性にも喜んでもらえるシチュエーションで渡した方がいいですからね。
いろいろな渡し方を見てみましょう!高校生、大学生、社会人、どんな方にも当てはまる方法ですよ。

前日に渡す方法

バレンタイン当日というのは男性も「今日もらえるのかな?」と身構えてしまっているものです。
なので、あえて前日に渡してしまうという方法も効果的です。
「バレンタインの日も良かったけど、前日の方が記憶に残ってもらえそうで…」という感じでストレートに言ってしまうのもありです。

最初にがっかりプレゼントを渡しておいてから渡す

手作りチョコレートなどをもらえる!と思って待っている男性には、最初にしょぼいプレゼントを渡してがっかりさせておいてから
「うそうそ、こっちが本物だよー!」
という感じで渡してあげることによって、より喜んでもらえます。一度「あれ、今年のバレンタインはこんな感じか…」と気分を落としておくことがポイントですがやりすぎには注意ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です