バレンタインデーに上司や同僚に渡すのは義理チョコではなく感謝チョコ!おすすめ紹介!

感謝チョコという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

その名の通り感謝の気持ちを込めて贈るチョコレートです。

義理チョコとして渡すよりも感謝チョコの方が心がこもっていていいですよね。

最近は職場でお世話になっている上司や同僚、日頃遊んでいるお友達に感謝チョコを渡す女性が増えています。

そこで今回はおすすめの感謝チョコをご紹介します。

感謝チョコの予算は?

大丸東京店のアンケートによるとバレンタインデーに義理チョコよりも感謝チョコをプレゼントする方が増えています。

感謝チョコにかける平均予算は1,814円で2015年よりも約100円ぐらいアップしています。

必ずしもそれぐらいの予算をかける必要はなく、贈る人数によって予算を低くしてもいいと思います。

しかし、チョコレートの大入りパックを開けて一個ずつ渡していくのは贈られる側としてもうーんとなってしまいます。

感謝チョコならかける金額が低くなっても一人一つずつチョコレートを用意しラッピングしたりメッセージをつけたりとしっかりとしたチョコレートギフトを渡すことで感謝の気持ちが伝わります。

おすすめの感謝チョコ

ハートの感謝チョコ

パッケージから感謝の気持ちが伝わる感謝チョコです。

一つのパッケージにハートのチョコが一つ入っています。

140個入っているので大人数に贈るのに向いています。

ただ一つだけでは物足りないので3〜4個をセットにしてラッピングして贈ると手が込んでて気持ちが伝わりやすくなります。

ありがとうマシュマロ

「ありがとう」と梅の花が可愛く描かれたマシュマロです。

見た目も良く感謝の気持ちも伝わりもらう側がほっこりするようなスイーツですね。

40個入りで2,100円なので高コスパ!

中にはチョコクリームが入っているので懐かしい味が楽しめます。

感謝コーヒー


チョコではなくコーヒーです。

感謝という文字がパッケージに書かれているので気持ちがストレートに伝わります。

チョコを食べているとほろ苦いコーヒーが飲みたくなるもの。

チョコをたくさんもらえるバレンタインシーズンにはぴったりの飲み物なので男性は喜ぶと思います。

感謝の紅茶&チョコギフト

紅茶とチョコボールがセットになったプチギフトです。

飲み物とスイーツが揃っているのは嬉しいですね。

こちらは最初からラッピングされており、選べるメッセージシールがついているので用意するのも楽チン。

贈る側も贈られる側も喜べるバレンタインギフトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です