人気の機内持ち込みができるスーツケースはこれ!ランキングや軽量 ビジネスで使えるもの!

春の新入学までもうすぐですが、新入学のシーズンが終わると学生の場合は修学旅行、社会人の場合は出張や新人研修などが待っています。
会社によっては、新人研修といえど1週間〜2週間も滞在する場合もありますし、逆に1泊や2泊で終わることもあります。

いずれにせよ、その際には機内持ち込みができるスーツケースが必要になりますので、急に必要になった場合でもすぐに対応できるように今ぐらいの時期から準備をしておかないといけません。

そこで今回はビジネスに使えるものや人気のものなど、機内持ち込みができるスーツケースをまとめておきました。少しでも参考になれば幸いです。

機内持ち込みができるスーツケースのサイズって?

まずは機内持ち込みができるサイズについて復習しておきましょう。
2009年の改正から機内持ち込みができる荷物のサイズもとても厳しくなりました。少しでもサイズが出ていれば機内へ持ち込みすることはできません。
サイズの目安は、国内線と国外線でまず変わり、そこから100席以内なのか、100席未満なのか?でも変わってきます。
事前に航空会社に問い合わせをするのが一番てっとり早いのですが、そんなのは面倒くさい!という方は…

縦、横、高さの3辺の合計が110cm以内になるようにスーツケースを選べばまず機内持ち込みができるようになります。
飛行機を降りたあとのターンテーブルを待つ時間が短縮されますので、宿泊数にもよりますができるだけ機内持ち込みができるやつがいいですよね!

超軽量設計の機内持ち込み可能なスーツケース

こちらは、デザインもシルバーでかっこいいスーツケースなんですが、最大の売りはその軽量設計のスーツケースです。
通常のスーツケース(ハードタイプ)は、頑丈さが売りになっているので、その分重量がどうしても重くなってしまって、空港内での移動や目的地についてからの移動などに支障をきたしてしまう場合があります。

その点こちらのスーツケースは、頑丈なハードケースなうえ超軽量設計になっているので、スーツケースを持っての移動が重なっても疲れることなく運ぶことができます。

また、軽量設計だけでなく前側の部分がぱかっと開くようになっていてそこから荷物を取り出すことができるので、空港でスーツケースの中からちょっとした荷物を取り出したりする場合にも便利です。

デザイン性に富んだ機内持ち込み可能なスーツケース

旅行や出張は、自分が持っている洋服やバッグなど、気分を高揚させることも大切です。
その点を考えるなら、いかに自分が好きなデザインのおしゃれなスーツケースを持ち歩くかということも重要です。知らない土地への旅のお供におしゃれなスーツケース…味があっていいじゃないですか。

画像のリンク先の商品説明にも多くのカラーバリエーションがあるのですが、個人的にはその中のデニム素材で作られているスーツケースがかっこよくていい感じだと思います。

もちろんデザインだけでなく、鍵がついていたり、角が傷つかないように補強されていたり、持ち運びがしやすかったりデザインの中に様々な気遣いが入っています。
今年人気のある柄ですし、これからスーツケースを準備される方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか!?

安全を考慮してつくられたLEDライトを搭載された機内持ち込み可能なスーツケース

こちらはLEDがついた少し変わったスーツケースで、最近注目されつつあります。
旅行先や出張先でスーツケースをコロコロさせて移動させているときって、意外と車や他の人から発見されにくいんですよね。
その点、こちらのスーツケースは、振動に反応して発行するLEDライトが搭載されているので、スーツケースを持って移動している時にLEDが発行して自分の場所を照らして、存在を知らせることができるようになっています。

デザインのかっこよさ、そして安全面に配慮されたスーツケースなので、ビジネスで使用するサラリーマンの方や、おしゃれな男性から非常に人気が高いスーツケースですよ( ̄ー ̄)

機内持ち込みができるスーツケースは結構必要ですので、新学期や新社会人生活が始まる前にしっかり準備しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です