国産うなぎが安いお店は楽天で!中国産と国産の違いを紹介。

もうすぐ土用の牛ですね!

日本では病気や夏バテをしないようにという願いを込めてうなぎを食べる習慣があります。

しかし、うなぎが年々高騰していますよね。

最近ではなまずを蒲焼にしてるお店が増えてきているんだとか。

でもうなぎを食べたいですよね!

そこで今回は国産うなぎを安いところを紹介します。

うなぎ 国産 安い

 

こちらの国産うなぎはなんと980円!

50gで送料は20袋900円かかりますが、安いと思います。

最初から刻んであるので、温めてごはんの上にのせるだけなので簡単ですよね。

丼以外でも、ひつまぶし、うざく、うまきにも使えると思います。

 

うなぎ 国産 天然

天然うなぎになると少々値が上がりますが、安心して食べられますよね。

国産うなぎで人気のひとつは鹿児島産です。

なるべく自然に近い状態でうなぎを育てています。

上の画像の写真はシラスウナギというものです。

ミネラル豊富なきれいな地下水で育てているのでものが大きいそうです。

 

うなぎ 国産 ギフト


この季節はちょうどお中元の季節でもありますよね。

季節にぴったりなので、お中元をお考えの方はうなぎはいかがでしょうか?

健康を願うという意味も込められていますし、旬なので喜ばれると思います。

うなぎの本場浜松で育ったうなぎなので安心です。

また、うなぎ一筋70年の老舗が作っている蒲焼なので味は間違いないと思います。

すき家 うなぎ 国産


数年前、すき家のうな丼をたべたことありますが正直好みの味ではありませんでした。

安けりゃいいってもんではないなと実感しましたね。

今はもしかしたら改良して美味しくなっているかもしれませんが、やはりそれなりにちゃんとしたお値段のうな丼のほうが信用できますねw

調べるとすき家のうなぎは中国産を使用していました。

(1)養殖場の選定、エサの選定、養殖、加工、輸入、運送などを全て自社の管理下で行っています。
すき家のうなぎは主に中国の福建省や、広東省で養殖されたものを使用しています。養殖場は農薬が飛散する可能性があるため近くに農場がないこと、土壌に残留農薬がないことなどの基準により選定しています。

参照:https://www.sukiya.jp/campaign/2015/unagi.html

品質管理を徹底してるっぽいけど、やっぱり国産がいいですよね。

 

とんでん うなぎ 国産


とんでんという北海道発の和食レストランでは毎年土用の丑でうなぎメニューがでるそうです。

国産うなぎなのに、お安い値段で食べれるらしいですよ。

ブログや食べログなどでも高評価でした。

東海地方にはないのかな( ;  ; )

 

うなぎ 国産 中国


正直、国産と中国産の違いって何かわからないですよね。

簡単に言うと、肉厚で皮厚なのが中国産です。

食感が全然ちがうんだとか。

肉厚なのはひかれますが、中国の食品はこれまでいろいろ問題があったのでちょっと信じれませんよね。

なんでも、最近までは中国で採れたうなぎを日本で調理したら国産と表記されていたらしいです。

こわー!最近見直しされたそうですけどね。

でも心配な方は「国産」という表記で安心せず、産地がどこか調べて買ってみてください。

うなぎ 国産 値段


日本産のうなぎの価格は段々高くなってきています。

スーパーではうなぎの蒲焼一匹2000円ぐらいで販売していました。

中国産はその半分ぐらいだと思います。

うなぎ専門店でも料金の値上げしていますよね。

最近ではうなぎ風のものを安く買うためになまずやアナゴ、さんまなどを蒲焼にして食べたりしていますよね。

あとは、豚肉を蒲焼にすることがあるみたいですよ。

愛知県愛西市では芋をすりおろしてのりにのせてあげて蒲焼にするなんちゃって蒲焼がTVでとりあげられましたよね。

http://matome.naver.jp/odai/2134245495036824901

価格が高いわという方はそういった食べたかもありなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です