腸内フローラを整えて健康な体を作ろう!腸内細菌に良い食材をご紹介

腸を整えると健康体になるのが最近話題ですね。

そのため整腸作用があるヨーグルトやヤクルトなどがかなり売れ行きを伸ばしています。

ところで腸内フローラちう言葉をきいたことはありませんか?

実はこの腸内フローラを整えることで免疫力がアップし元気な体をキープできると言われています。

腸内フローラとは?

 

腸内フローラとは、腸内細菌が群生しているじょうたいのことをさします。

細菌同士が集まり、いくつも組をつくっていくことでお花畑のように見えるのです。

このことから腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内には善玉菌、悪玉菌など約3万種類の細菌が共存しています。

この菌たちが私たちの体の中の食べ物を吸収したり消化したりしています。

なのでこの菌たちのバランスを整えたり、元気に活動させることで免疫力アップにつながり、健康な体をキープすることになります。

腸内フローラを整える食べ物

腸内細菌のなかでも善玉菌が優秀な菌です。

善玉菌が活発だと腸内フローラがいい状態なのです。

腸内フローラをいい状態に整えるには食事に気をつけるのが大切なんです。

善玉菌が活発になる食材

善玉菌のエサになるのは食物繊維、オリゴ糖、発酵食品です。

腸が活発になるので便通もよくなり、老廃物を促します。

発酵食品・・・キムチ、チーズ、ヨーグルト、味噌、ぬか漬け

食物繊維・・・改装、根菜

そのほか、豆、きのこ、玉ねぎ、バナナ、はちみつなどが良いとされています。

抗酸化作用の高い食材


老化の原因や善玉菌減少につながる活性酸素を排除しなければいけません。

そのためには抗酸化力が高い食材を摂る必要があります。

キャベツ、にんにく、しょうが、かぼちゃ、にんじん、たまねぎ、アボカド、ねぎ、ブロッコリー、トマト、大豆、バナナ、ブルーベリーなどが抗酸化作用があります。

 

お酢も積極的に摂りましょう

酢は腸内細菌の活動が活発になります。

また、酢は先ほど紹介した善玉菌が活発になる食材、善玉菌が活発になる食材の栄養の吸収を高める効果があります。

最近酢たまねぎなんかも話題になっていますよね。

たまねぎはどちらの食材にもはいっているので酢たまねぎを積極的にとるといいかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です