コーヒーは美容やダイエットの味方!健康効果や効果がでやすい飲み方紹介

みなさん、コーヒーはカフェインたっぷりだから眠け覚ましにいい!だけとしか思っていませんか?

実は、コーヒーはここ数年の研究で健康や美容に良いとされているのがわかり注目されています。

では、どんな効果があるのでしょうか?

コーヒーの有効成分

コーヒーにはいろんな成分がはいっていますが、代表的なものが4つあります。

ポリフェノール

コーヒー豆には、クロロゲン酸というポリフェノールが入っています。

このクロロゲンさんは体内でフェルラ酸に変化して血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、脂肪燃焼を促す効果も期待できます。

カフェイン

冒頭でも述べましたが、コーヒーといえばカフェインです。

眠気を吹き飛ばす覚醒作用や利尿作用があります。

また、集中力を高めて、記憶力向上や計算が速くなるともいわれています。

最近ではダイエットにもいいともいわれているんです。

N−メチルビリジニウムイオン

なにやら長い名前で覚えにくいですが、副交感神経にアプローチしてリラックス効果を高めたり、抗酸化作用が強いのでがん予防にも良いと言われている成分です。

ニコチン酸

ニコチンと聞けばタバコのイメージがありますが、コーヒーにも含まれます。

コーヒー豆を焙煎するとトリゴネリンという成分がニコチン酸に変化します。

このニコチン酸はストレスを和らげたり、血中の遊離脂肪酸の濃度を下げてくれる働きをしてくれます。

だからタバコ好きな方はコーヒー好きな方が多いのかも。

 

コーヒーの健康効果

 

上記のような有効成分がコーヒーに含まれているので様々な健康効果が期待できます。

・ストレスを和らげる

先ほど紹介したNMPやニコチン酸が副交感神経を刺激しリラックスを促してくれます。

近年の研究ではコーヒを飲む前より飲んだ後の方がストレスが軽減したという結果もでています。

飲むだけではなく、香りを嗅ぐだけで脳のα波が増えてリラックスできるんだとか。

・認知症予防

血糖値を抑えて代謝を高めてくれます。

また、神経細胞を守ってくれるので認知症予防につながるそうです。

・糖尿病予防

コーヒーを飲む人は飲まない人に比べて糖尿病にかかるリスクが低下しているという研究結果があったようです。

・血流がよくなる

ポリフェノールが多く含まれており、抗酸化作用が強いので悪玉コレステロールの増加を抑えます。

また、ニコチン酸は血栓をとかしてくれるので綺麗な血液になるんだとか。

血流がよくなることで動脈硬化も予防できます。

・脳や心臓の病気を防げる

何度でもいうようにコーヒーには抗酸化成分が多く老化を促す活性酸素を抑制してくれます。

そのため、脳卒中や先日亡くなった前田健さんを襲った病気虚血性心疾患などを予防してくれます。

・内臓脂肪を減らす

コーヒーにふくまれるカフェインは脂肪分解酵素を活性化させて代謝をあげます。

クロロゲン酸は脂肪を燃やすのを助け内臓脂肪を減らす効果が見込めます。

・肝臓保護

肝臓に中性脂肪が溜まるのを防ぎ、肝機能改善や肝硬変を予防します。

肝臓ガン発症率も低くなるそうです。

・子宮体癌予防

近年の研究でコーヒーを多く飲む方が子宮体がんを発症リスクが低いという報告があります。

・紫外線予防にいい

クロロゲン酸は抗酸化作用を持つので活性酸素を抑制して色素沈着を防いでくれます。

そのため紫外線が原因となるシミができにくくなります。

1日3〜4杯が目安

健康効果を出す飲み方として、1日3〜4杯が効果的だそうです。

3〜4杯でコーヒーポリフェノール500mg摂取できるので健康効果がでやすいんだとか。

しかし、飲み過ぎてしまうと、心臓や脳、呼吸器の疾患を引き寄せるので5杯以上はやめましょう。

コーヒークロロゲン酸、52.9mg配合 余分なものを分解・配合

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です