ストレス軽減!5月病対策グッズまとめ!症状や対処方法なども紹介します。

5月といえば怖いのが怖いのが五月病です。

やる気がなくなったり、疲れが取れなかったりして最悪うつ病などにかかってしまう可能性もあります。

そうなると家事や仕事に支障をきたしてしまいます。

そこで今回はストレスを軽減して五月病を防ぐ対策グッズをご紹介します。

五月病とは?

『五月病=うつ』といったイメージがありますが、実際はどういう病気なのでしょうか。

新しい環境に適応できず,焦り,ストレスを感じ,気持ちが落ち込むうつ状態。医学用語ではなく通称。

もとは大学新入生が5月の連休明け頃から急激に無気力,無関心になることから名づけられたが,時期は5月にかぎらず,また中学・高校生や新入社員にもみられる。

出典:コトバンク

知らず知らずに無気力になっていたりしませんか?

2016年は最高で10連休あるので五月病にかかりやすいかもしれませんね。

五月病の症状

五月病の症状は人によって異なります。

よくあるのが下記のような症状です。

・疲れがとれない

・眠れなくなる

・焦る

・不安になる

・集中力低下

・落ち着きがない

これは精神的な症状ですが、肉体的にも症状がでやすいです。

・胃痛

・動悸

・食欲不振

・めまい

上記のような症状が出たら五月病の可能性があります。

疲れ、緊張、ストレス、自律神経の乱れなどが原因なのでこれらを解消しなければいけません。

五月病対策グッズ

では五月病を防ぐにはどんなものが最適なのでしょうか。

 

アロマオイル

定番ですが、アロマオイルが無気力状態の五月病に良いと言われています。

好きな香りを嗅ぐことでリラックスでき、不安やストレス軽減につながります。

使い方は、アロマオイルをディフューザーにいれて上記をだしたり、お風呂に垂らしたり、ミストを作ってふりかけたりいろいろです。

気分がすっきりするので試してみるといいでしょう。 

大人の塗り絵

最近流行っている大人の塗り絵はただ塗って楽しむだけではありません。

塗ることに夢中になることで日々の日常を忘れ自分だけの楽しい時間を集中して没頭できるので自然とストレス解消につながります。

また、完成に近づくことでリラックス効果も見込めます。

脳の活性化や色を見て今の自分の状態と向き合えるので、見つめ直してポジティブな気持ちになれるのです。

光目覚まし時計

無気力になると不眠になりやすく朝起きるのも億劫になります。

人は太陽の光が一番目覚めが良いといわれています。

太陽の光は体内時計や自律神経を整えてくれるのでうつ病には効果的です。

光療法といって太陽の光を浴びてうつ病を治した方もいるそうです。

そこでおすすめしたいのが光目覚まし時計です。

大きな音ではなく、ゆっくりと太陽と同じ明るさで起こしてくれます。

そうすることで目覚めもよくなり生活リズムも整います。

すっきりと起きれるのでやる気もアップするのです。

ぜひみなさんお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です