水を正しい飲み方まとめ!体の内側も外側もキレイになって疲れが軽減する飲み方とは?

わたしたちが生きていくために欠かせないお水。

不足すると便秘になったり、冷えやすくなって疲れや病気を引き起こす原因になります。

夏は特にしっかり水分補給をしないと熱中症のリスクが高まります。

そこで今回は正しい水の飲み方をご紹介します。

水を飲むと良いこと

お通じがよくなる

水を飲むことで水分量が多くなるので便通がよくなります。

便秘解消には軟水よりもマグネシウム量が多い硬水が最適です。

肌が潤う

お肌の水分量が上がるので乾燥しにくくなり肌も潤います。

冷え解消

水を飲むことで血液のめぐりがよくなりからだの温度がアップ。

手先や足先まで血行がよくなるので冷え解消につながります。

痩せやすくなる

代謝がよくなり痩せやすい体になっていきます。

水分を摂取すれば排尿の頻度もあがるので老廃物が流れやすくなります。

熱中症予防

夏など暑い季節は発汗などで水分が失われがち。

水分をこまめに摂取することで熱中症のリスクを軽減できます。

できれば普通の水よりも、ポカリやダカラなどナトリウム入りの飲料水が熱中症には最適です。

疲労回復

水分をとることで体のめぐりがよくなり老廃物もでていきやすくなるので体の疲れが緩和されます。

疲労回復や老廃物排出には軟水がおすすめです。

 

水は一日1.5L飲もう

 

人間の体の60%は水でできているといわれています。そのため私たちにとって水は欠かせません。

水が不足すると肌荒れや脱水・便秘などの原因になります。

水分をあまり取らない人はまずはコップ2杯から続けてみましょう。それから徐々に1日1.5L飲めるようにしていくと良いでしょう。

ただ、体格の大きさによって飲む量も変わってきます。自分の体型にあった水分量は以下の計算式で把握できます。

体重(kg)×30ml=必要な水の量の目安

例えば体重が48kgの方の場合48×30=1440ml(約1.4L)が必要な水の量になります。

必要な水の量を摂取することを習慣づければ痩せやすい体になる例もあります。

正しい水の飲み方

のどが渇く前に飲む

喉が渇くということは脱水が始まっている証拠です。

渇く前に飲むことで脱水症状を防ぐことができます。

こまめに飲む

水は一気に飲み干すのではなく、ちびちびとこまめに飲みましょう。

一気に飲むと吸収しきれずトイレが近くなるだけです。

イメージとしては200mlを少しずつ飲む感じです。

常温で飲む

暑い日は冷たい水を飲みたくなりますが、あまりにもキンキンだと内臓を冷やし体も冷えてしまいます。

常温なら飲みやすく体も冷やしません。屋外なら多少冷やしたほうがいいでしょう。

便秘解消のために飲むなら冷たい超硬水を寝起きに一杯飲むと胃腸が刺激されるので効果が期待できます。

ただ、高血圧や妊婦さん、腎臓が弱い人は硬水はやめたほうが良いでしょう。

コーヒーやお茶はノーカウント

コーヒーや緑茶は利尿作用があるので水には入りません。

水は軟水か硬水を飲むようにしましょう。

 

おすすめの軟水

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

おすすめはクリスタルガイザーです。

飲みやすく美味しいと好評です。

コンビニで100円で売っていますが、もっと安く購入するなら楽天・アマゾンでまとめ買いがおトクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です