梅雨の時期の体調不良の対策方法まとめ!食事・運動・睡眠におすすめのグッズ紹介

気温の変化が激しい梅雨の時期は体調を崩しやすいです。

頭痛や倦怠感などの症状がでて仕事のパフォーマンスも悪くなってしまうので体調不良を防ぐ対策が必要です。

ではどんな対策をすればいいのでしょうか?

胃に優しい食べ物を食べる

梅雨の時期は気温や湿度が高いので食欲がわきにくいのです。

そうなると食べたいものを食べがちになり栄養が偏りやすくなってしまう可能性があります。

胃腸も弱まりやすいので、栄養バランスがよく胃腸に優しいものをたべるといいでしょう。

例えばおかゆ、うどんなど。

梅干しやお酢は菌に強く腐りにくいので梅雨の時期には積極的にたべるといいでしょう。

食欲増進や消化促進にもいいといわれています。

気温が高いので冷たいものを食べてしまう方も多いと思いますが食べ過ぎると体が冷えてしまい体調を崩してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、梅雨の時期は体内の水分を蒸発しにくいのでむくみやすくなります。

適度に水分摂取してむくみを軽減させるカリウムの多い食品を摂るといいかもしれません。

室内で運動をしよう

梅雨の時期はむくみやすいので、新陳代謝を良くしてあげることが大切です。

室内ならストレッチやヨガがいいでしょう。

道具がなくても気軽に始めることができます。

ヨガマットを買うなら10mmの厚さがおすすめです。

寝転がっても全く痛くありません。

ストレッチが続かないという方は、行うストレッチを一つだけに絞ると続くと思います。

ストレッチをサポートしてくれるアプリもあるのでダウンロードして通知設定すれば継続できるのではないでしょうか。

質のいい睡眠をとろう

梅雨の時期は大量を崩しやすいので睡眠をしっかりとることで健康維持できます。

ジメジメして寝にくいかもしれませんが快適に寝る方法はいくつかあります。

・パジャマを着る

吸汗速乾素材のパジャマを着て寝ることで湿気が多くても快適に眠ることができます。

・冷感パッドを敷く

シーツを冷感パッドにかえることで熱が放出されて暑さが軽減されます。

・寝る前は携帯をみない

寝る前にスマホなど強い光を見てしまうと脳が興奮した状態になるので眠りが浅くなります。

寝る30〜1時間前は携帯をみるのをさけましょう。

・起きる時間固定

起きる時間を毎日同じにすれば自律神経が整い健康状態を維持できます。

・快眠グッズを試す

まくらを自分の頭や首に合うものにかえたり、アイマスクをしたりして眠りの質を高めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です