液晶テレビを買うなら10月に買うのがおすすめ!テレビの選び方やおすすめメーカー紹介

液晶テレビを買い換えるなら10月がおすすめ!

今年のリオ五輪に合わせて昨年末から新型のテレビが発売されてきましたが、8月で終了したので徐々に値段が下がってきました。

情報によれば4割以上安くなっているものもあるんだとか。

今トレンドの4Kテレビは以前までは手が届かない価格でしたが最近では価格が下がり手に入りやすくなりました。

4Kテレビを買うなら今が買い時です。

液晶テレビの選び方

自分に合った液晶テレビの選び方をご紹介します。

部屋の大きさ

小さい部屋に大きなテレビは少しバランスが悪いですよね。逆も同じです。

テレビの大きさは部屋の大きさに合わせて選びましょう。

6畳まで 29インチ以下
6畳〜12畳 32〜49インチ以下
それ以上 50インチ以上

フルハイビジョンか4Kか

フルハイビジョンは1920×1080pxの解像度を持つディスプレイパネルを採用しているテレビです。

私たち見ているデジタル放送映像は1920×1080の画素数で作られているので高画質で観ることが可能です。

4Kは3840×2160pxの解像度を持つディスプレイパネルを採用しているテレビなのでフルハイビジョンよりもより綺麗に観ることができます。

4Kの名前の由来は解像度の3840は約4000になり、1000は最近「K」という単位で表されることから「4K」と言われています。

今は4K映像を流しているのがCSやケーブルテレビの一部ですが、今後は4Kメインになるので私的には少し高くても4Kを買うのがおすすめです。

バックライトにも注目

液晶テレビはLEDバックライトを遮断して明るさを調節してテレビの色を作り出します。

このバックライトの種類はエッジ型と直下型の2種類あり、選ぶものに寄って表現力が異なります。

エッジ型・・・低コスト・消費電力が少ない・薄型に多い・画面の背面の周りに配置されている。

直下型・・・高コントラスト・エッジ型よりも価格帯が高い・背面パネルに敷き詰めるように配置されている。

おすすめ液晶テレビ

REGZA 49Z700X


価格.comの4K対応テレビで人気売れ筋ランキングで1位なのが東芝REGZA 49Z700Xです。

4K対応・全面直下型LED・49インチになります。

どの角度から見ても良い画質で映像を観ることができます。

リモコンも操作しやすく、スッキリしたデザインです。

昨日の番組が見られるタイムマシンシフト機能がついています。

これなら見逃しても安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です