ハンディクリーナーおすすめ2017!ダイソン・マキタ・ツインバードなど

年間通して使う家電といえば掃除機。

特に12〜4月は、年末年始の大掃除や新生活の準備・引越しなどで購入される方が多いです。

新モデルは5〜9月に登場することが多いの2月ぐらいは安くなるといわれているので今が掃除機の買い時といわれています。

そこで今回はお部屋で使いやすいハンディクリーナーのおすすめをご紹介します。

ダイソンのハンディクリーナー

コードレスハンディクリーナーといえばダイソンではないでしょうか。

吸引力が高いので見えない汚れもどんどん取れます。

充電しておけばコードレスで使えるので楽チン。

音も静かなので赤ちゃんがいるご家庭でも使いやすいです。

ヘッドも様々あるのでいろんな場所のお掃除に使えます。

わたしもこれを使っているのですが少し重いのが難点です。

マキタのハンディクリーナー

電動工具で有名なマキタの掃除機です。

家庭用に改良にされたモデルで驚異的な吸塵力があり高スペック。

ジェネリック家電なので低価格で購入できるのも魅力の一つです。

充電すれば最大20分連続で使えます。

1.0kgと軽量なので女性でも取り扱いやすいです。

ツインバードのハンディクリーナー

ツインバードのハンディクリーナーは車好きの方に人気があります。

コンパクトで吸引力があり車内のお掃除に便利なアタッチメントがついているので自動車のお掃除に最適と言われています。

もちろん家の中のソファーやテレビの裏などにも使えます。

価格も安いので手に入りやすいです。

日立のハンディクリーナー

スティッククリーナーにもハンディクリーナーにもなる掃除機です。

自立するのでかなり便利。

スタイリッシュなデザインが女性に受けています。

壁にピタッとする構造になっているので壁際のゴミも綺麗に吸引してくれます。

暗いところで掃除するときに便利なLEDライトや後ろ側のゴミを吸い取るヘッド機能がついているので優秀です。

シャープのハンディクリーナー

専用モーターがついていてヘッドが前に前に進むようにできているので楽に掃除をすることができます。

高圧吸引ノズルがついているので微細なゴミまで綺麗に吸い取ります。

バッテリーが二つついているので掃除しながら充電でき、最長連続掃除時間は60分です。

プラズマクラスターイオンがダストカップ内で放出されているのでゴミを捨てるときに静電気でゴミがカップにひっつかず楽に捨てることができます。

目に見えないゴミセンサーもついているのでゴミを見逃しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です