自分の家にあった除湿機の選び方!おすすめメーカーはパナソニック・コロナ・シャープなど

梅雨になると空気がジメジメするし、洗濯物も乾きにくくなるし、カビができやすくなるのでほとんどいいことなし。

湿気は乾燥はしませんが臭いや汚れの原因になるのでなんとかしたくなりますよね。

そんな梅雨の時期に私たちの味方になってくれるのが除湿機です。

今回は除湿機の選び方とおすすめメーカーをご紹介します。

除湿機の選び方

除湿機には3つのタイプがあります。

コンプレッサー式

コンプレッサー式は空気中の湿気を冷媒で冷やして取り除く方式です。

空気を冷やすので梅雨の時期や夏場の時期に最適。

最近は室内干しの方が増加傾向にありパワーも強いのでこちらのタイプが人気です。

運転音が大きいのがデメリットです。

ゼオライト(デシカント)式

乾燥剤とヒーターで除湿する方式です。

ヒーターを使うので消費電力は高いですが、室内は温まります。

そのため、冬場の結露対策には最適。

価格もゼオライト式の方が安いと言われています。

ハイブリッド式

コンプレッサー式とゼオライト式、両方兼ね備えているのがハイブリッド式です。

夏場にも冬場にも使えるのでオールシーズン使えます。

部屋の状況によっても使い分けれるのがいいところ。

一年中部屋干しすることが多いという方には向いていますが、両方の機能が使える文本体価格は高めです。

除湿機おすすめメーカー

コロナ CD-S6316

大容量タンクが特徴のコロナの除湿機。

少ない消費電力で素早く衣類を乾かしてくれます。

CD-S6316は価格.comでも好評な除湿機で衣類乾燥に特化しています。

速乾モードと夜干しモードから選ぶことができ衣類にムラなく風をあてて約99分ぐらいで2kgの洗濯物を乾かしてくれます。

夜干しモードにすれば音が小さくなるので睡眠の邪魔をしません。排水もしやすくお手入れも簡単なので主婦にうけています。

パナソニックF-YZP60

パナソニックのF-YZP60も衣類乾燥に特化した除湿機です。

100cmのワイド送風機能がついているので洗濯物にしっかり風があたります。

寒い冬でもふっくら乾くのが嬉しいポイント。

エコナビ搭載なので衣類の量を見て必要なぶんだけ運転してくれます。

洗濯物が乾いたら自動でストップするセンサーも便利です。

乾いた後は自動で部屋の除湿もしてくれます。

軽量でコンパクトなので家中動かしやすいです。

パナソニックF-YHPX120

ハイブリッド式を選ぶならパナソニックがいいでしょう。

夏でも寒い冬でも素早く衣類乾燥してくれます。

先ほど紹介した除湿機よりもワイドに風を送ってくれます。

少量速乾モードや嫌な臭いを除去してくれるナノイーを搭載。

一年中除湿機を使いたい方におすすめです。

シャープCV-F71

生乾き臭やタバコの臭い・汗の匂いを消臭してくれるプラズマクラスターを搭載したシャープの除湿機。

空気清浄フィルターが備えられているので空気も綺麗にしてくれます。

カビの抑制にもなるので梅雨の時期に大活躍。

A4サイズぐらいの面積なので狭い場所にもおけちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です