2016年最新DCモーター搭載扇風機紹介!選び方や人気メーカーなど。

気温が高くなり、冷たい風が恋しいですね。

冷たい風といえば扇風機。

年々、扇風機も機能が増え売れ行きも向上しています。

そこで今回は2016年注目の扇風機をご紹介します!

今どき扇風機の選び方

最近はいろんな機能がついた扇風機が多くなってきてどんなものを選んだらいいかわからないという方のために選び方をまとめてみました。

◆DCモーターが搭載している扇風機を選ぼう。

DCモーターとは、直流モーターのことで省電力で羽を回します。
お値段は効果ですが、微妙な風量調節ができるので省エネ性に優れています。
そのため節電できちゃうというわけです。

◆送風以外の機能に注目

最近では風を送る以外にも、空気をきれいするなどの機能が備わっているのでそこにも注目したほうが良いです。

◆やさしい風に注目

DCモーターが搭載された扇風機は自然の風のような風量をだすことができます。
この自然な風が今ブーム。赤ちゃんを寝かせるときや体を冷やしすぎないような風なので便利。
メーカーによって強さや機能が異なるので自分に合ったものを見つけると良いでしょう。

パナソニックリビング扇F−CM339

パナソニックのリビング扇は長野県蓼科高原の風を再現したゆらぎ風が特徴。

扇風機は長時間当たると疲れてしまうのですが、これなら疲れにくいです。

風量は8段階調節できます。

ゆらぎ風は強すぎず、弱すぎずちょうどいい心地のいい風です。

寝るときにはぴったりですね。

シャープPJ-F3DG

シャープの代名詞プラズマクラスター搭載の扇風機です。

体の温度を下げないようにできているので疲れにくいです。

プラズマクラスターによる保湿効果で水分の蒸発を防ぎます。

風は一番弱いときでも4.0km/hあるのでやや強め。

温度や湿度を教えてくれるみはり機能がついているので風量調節がしやすいです。

風量調節は33段階とかなり細かく設定できます。

バルミューダGreenFanJapan

羽が2枚構造の特殊な扇風機です。

15m先まで届くので広い室内に最適。

また羽が2枚あるので自然の風も広範囲に広がり心地いいんだとか。

風量調節は4段階になります。

コードレスで使えるのでどこの部屋にいても使えるし、首振りも自分が好きな範囲で設定することができます。

かなり優秀な扇風機です。

sirocaサーキュレーター扇風機SCS−401

直進的な風を送り空気を循環させるサーキュレーター機能を取り入れた扇風機です。

360°方向に風をだせるのが特徴。

空気を攪拌させ巡回させるのでエアコンとセットで使えば効果がでやすいです。

風量は8段階設定できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です