秋冬使える土鍋はおしゃれなものや炊飯専用人気!ニトリや無印良品にも注目!

朝や夜が寒くなってきましたね。

我が家ではもう、鍋をはじめちゃいました!

しょうがをたっぷりいれたしょうが鍋は体があたたまってとても美味しかったです。

鍋以外にもご飯を炊いたり、スイーツを作ることにもできちゃう土鍋。

今日はつかえる土鍋をご紹介します!

土鍋 おしゃれ

土鍋といえば和風のデザインのものが多いですが、最近ではこんなおしゃれな土鍋があります。

立体アルファベットで名入れができる土鍋です。

北欧風で可愛らしいですよね。

我が家の名字をいれるだけで、とってもおしゃれだし、オリジナリティがありますよね。

InstagramやTwitterなどに料理写真を載せるときもひとつのアクセントになって注目をあびそうです。

IH対応の土鍋

最近ではIHコンロが増えてきました。

家の今度がIHなら鍋もIH対応のものにしなければいけません。

こちらはIH対応のセラミック耐熱土鍋。

底面に発熱体をつけているので熱が通りやすくなっています。

セラミックなので汚れが落ちやすく洗い物も簡単です。

ニトリ 土鍋

 

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

ニトリには925円税別で売られているプチプラ炊飯土鍋が販売されています。

1000円以下なのに3合も炊けちゃうのです。

プチプラなのにご飯炊いたらかなり美味しいというのをネットで見ました。

ガス代はかかるけど、この値段で美味しいご飯が炊けるなら、一人暮らしや二人暮らしの方にはいいですよね。

こちらもご飯専用の土鍋。

1,501 円とニトリよりは少し値段はするけど二重蓋でしっかり甘みがでるんだとか。

おこげもつくれちゃうし、他の料理にも使えます。

レビューでも満足した声が多かったです。

無印良品 土鍋

無印のおこげができる土鍋が優秀と話題。

ごはん専用なのですが、途中に火加減の調節などいらず、20分以内にお焦げ付きのおいしいごはんが炊けちゃうんだとか!

ふきこぼれもしないし、あまってもそのまま蓋して保存できるので入れ替える手間もありません。

時間がたってもべたついてとれにくくならないので洗い物も楽らしいです。

無印に走りたくなった。

土鍋の使い始めは目止めをしよう

土鍋を買ったらすぐに調理に使ってはいけません。

土鍋を長く使うためにやることがあるのです。

それは目止め。

土鍋は土からできているので目では見えなくても小さな空気穴がたくさんあります。

そこを埋めないと、ヒビが入ったり割れやすくなります。

また、ふさがないと、そこに煮汁がはいりこんで臭いの原因にもなります。

では目止めってどうやってやるのか。

それは買った土鍋でおかゆをつくりましょう!

そのとき炊いてあるお米をつかうようにしてください。

そうすることでお米のでんぷんなどが穴にはいりこみ、うめてくれます。

これで長くつかえるようになるのです。

土鍋でご飯を炊く

土鍋でごはんを炊いたことありますか?

昔実家でよくつくっていたことがあるのですが、かなりふっくらとして甘みがあっておいしいお米が炊き上がります。

騙されたと思って一度ためしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です