秋冬の寒い季節のロードバイクの手袋ならこれが人気!10度を下回るなら検討しよう

私は普段家の中でずっとパソコンに向かって作業をする仕事をしているので、どうしても運動不足になりがちです。なので定期的にロードバイクに乗って有酸素運動をするのですが、夏や秋の時期はまだいいとして10度を下回ってくる冬の時期はどうしても風があたるので手がかじかんで辛いです。

秋はロードバイクの季節ですので、秋頃にロードバイクを購入したという初心者の方もきっと多いと思います。そこで今回は冬に最適なロードバイクの手袋を紹介していこうと思います。ぜひ参考にしていただければと思います。

ロードバイク 手袋 冬

防音防風保温は当たり前 細かい指先の作業ができるものを選ぼう!

ロードバイクで使う手袋はスノーボードやスキーなどのウィンタースポーツとは少し違います。私もロードバイクに乗り始めた時は「とりあえず防風性能がついていればいいんでしょ?」と安易な感じで考えていたので同じようなものを使っていたのですが、ロードバイクは指先でギアの切り替えをおこなっていかないといけないので、指にぴったりとフィットしたものを選ぶ必要があります。

リフレクターがついているとなお良い

冬にロードバイクに乗る時に使う手袋でポイントになるのがリフレクターがついているかどうかです。

冬は夏に比べてると日が落ちてくるのが早いので、暗い時間を走る割合が必然的に増えてきます。

そこで安全性を高めるためにヘッドライトを反射して運転手に自転車がいることを知らせてくれるリフレクターがついているとなおいい感じです。

私は車もよく運転しますし自転車にも乗りますが、リフレクターがある自転車は早めに発見することができるので助かります。

通気性がいいものがおすすめ

防風加工なものが必須と書いておいて通気性もいいものと書くと「え?どっちなの?」という声も聞こえてきそうですが、基本的にはロードバイクに乗る時にはある程度の通気性も必要です。

長時間の有酸素運動になるので、どうしても手袋の中が蒸れてきてしまいます。スポーツしている時に手が蒸れてきてしまうのは気持ち悪いので、ある程度の通気性があるものが望ましいです。

保温性とのバランス次第ですが、手袋を選ぶ時にはそういった部分もチェックしておくといいでしょう。

冬は装備を整えれば実は夏よりも走りやすいロードバイク

ということで今回はロードバイクに冬に乗る時に最適な手袋について紹介させていただきましたが、夏は強烈な日差しがある分冬は装備をしっかり整えれば実は夏よりも走りやすさいシーズンでもあるんです。

これからは本格的に寒くなってくると思うので、ロードバイクに乗る時の手袋は早めに準備しておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です