ピクニックを楽しむ持ち物リスト!紫外線対策やあると便利なものまとめ

少しずつ暖かくなり、外に出かけたくなるシーズンになりました。

桜や梅などお花が咲く時期なのでお花見やBBQ、ピクニックをする方も多いのではないのでしょうか。

楽しく過ごすためにも忘れ物は禁物!

今回はピクニックを楽しむための持ち物リストをまとめてみました。

ピクニックに絶対必要なもの

まずはピクニックに行く際に絶対に忘れてはいけないものをまとめてみました。

レジャーシート

公園に行って地べたに座るわけにはいきません。

混雑している公園だと場所を取られてしまう可能性もあるので、レジャーシートは必須!

最近人気なのは厚手でクッション性があるシートです。

これなら長時間座っていても疲れないし、お尻が冷たくなりません。

可愛い柄がたくさんあるのでおしゃれな雰囲気になります。

売れてるレジャーシートチェック

お弁当

ピクニックなのにお弁当を忘れたらなにしにきたんだ!ってなってしまいます(笑)

外で食べるご飯はお家で食べるのとはまた違った美味しさがあります。

大人数の場合はみんなでおかずを担当して持ち寄ったりするといいかもしれませんね。

食べやすく持ち運びやすいものにしましょう。

お弁当箱は大人数なら重箱がいいかも!洗うのが面倒なのであれば使い捨てのお弁当箱が良いでしょう。

人気のお弁当重箱をチェック

お菓子

お菓子はご飯とは別腹ですよね。

お子様がいるグループには、必需品だと思います。

子供がぐずっても喜ぶようなお菓子がいいかもしれません。

小分けになっているパックならみんなで分け合えるのでおすすめ。

ちょっと豪勢にいくならスイーツ系を持ち寄ってもいいかも。

飲み物

飲み物は熱中症対策のためにも必ずもっていきましょう。

春でも熱中症になりやすいので要注意!

飲兵衛ばかりあつまるならビールやワインなどを持って行ってもいいですね。

その際に氷やクーラーボックスがあれば冷えた飲み物が飲めちゃいます。

おてふき・ウェットティッシュ

外で食べるならお手拭きもしくはウェットティッシュを持っていきましょう。

特にお子様は公園に行った時、土や遊具などいろんな場所を触るのでそんな手でたべるのは衛生的によろしくありません。

おてふきやウェットティッシュがあれば手を清潔な状態にできますし、顔や体が汚れても拭くことができるので便利です。

ゴミ袋

飲み物や食べ物を持って行くと必ずでるのがゴミ。

今は大抵の場所は「出たゴミはご自身で持って帰ってください」という感じなのでゴミ袋は必ず持っていきましょう。

可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ごみの袋をそれぞれもっていけばあとから仕分ける手間が省けます。

女性や子供は紫外線対策を忘れずに

美肌を目指す女性や肌が弱い子供にとって怖いのが紫外線。

ピクニックは長時間外にいるので、紫外線対策をしっかり行いましょう。

日焼け止め

外出するなら日焼け止めは必須!

5〜6時間ぐらいならSPA20〜30ぐらいが良いでしょう。

SPFが高すぎても肌に負担がかかってしまいます。

PAはPA++かPA+++がいいと思います。

日焼け止めは手で触ったり汗をかいたりするととれてしまうのでこまめに塗りなおしましょう。

敏感肌の方や、お子様に使うなら紫外線吸収剤が入っていない天然成分が配合された日焼け止めが良いでしょう。

焼かない日焼け止めチェック!

日傘

絶対に焼きたくないというかたは日傘を用意しましょう。

ずっとさしているのがしんどいならパラソルやサンシェードがあるといいかも。

帽子

頭皮や髪の毛も日焼けをするもの。

紫外線を浴びてしまうと、髪の毛が乾燥したり、頭皮の炎症を起こしたり、髪色が落ちてしまいます。

帽子をかぶって防ぎましょう。UVカット加工してあるものがおすすめ。

人気のレディース帽子はこちら

サングラス

目に紫外線を浴びてしまうと、肌にシミができたり、目の病気を発症してしまう可能性があるのでサングラスもあると良いでしょう。

カーディガンやパーカー

UVカット加工されたカーディガンやパーカーがあれば腕や肩などの日焼け防止につながります。

また、肌寒くなった時の温度調節もできるので便利。

あったら便利なもの

ピクニックに行くと「あ、これあったら便利だったなー」っていうことありますよね。

ここからはあったら便利なものをご紹介します。

クーラーボックス

飲み物や冷たいもの・生物を冷やすのに使えます。

保冷剤やドライアイス、氷も一緒にもっていくとさらに冷たく保管できます。

ティッシュ

ティッシュはあると本当に便利。

鼻をかんだり、涙をふいたり、おかずや飲み物をこぼしたときや、怪我して血を拭いたり消毒するときなどにつかえるので万能。

箱でもっていけばみんなが使いやすいです。

タオル

タオルもティッシュ同様でふいたり、冷たいものをいれて首に巻いたり、止血などに使えます。

子供が寝たら掛け布団としてもつかえますね。

ブランケット

暖かくなってきてもたまに冷たい風がふくこともあります。

ブランケットがあれば防寒になるので便利。

ひざかけや肩掛けとしてつかったり、お昼寝にもつかえます。

虫除け

春になるといろんな虫が活動し始めます。虫に刺されるとせっかくのピクニックもちょっとテンションが下がってしまいますし、病気になりかねないので虫が苦手という方は虫除けスプレーなどを持っていきましょう。

絆創膏・消毒

万が一の怪我のためにあるといいでしょう。

絆創膏やマキロン・オロナインなどオールマイティーにつかえるものが良いです。

もっとハイクオリティなピクニックをするなら

テント

日よけになったり、荷物置き場にもなります。

子供が寝てしまった時の寝床にもなるので便利です。

椅子・テーブル

レジャーシートを敷いてご飯をたべていると蟻などの虫がよってくることもあります。

また、地べたはちょっと座りにくいという方もいると思うので、快適に楽しむなら折り畳み椅子やテーブルを持って行くといいでしょう。

テーブルセットランキング

ポット

お湯をいれたポットを持っていけばコーヒーやスープなどの温かい飲み物を楽しめます。

外で飲むコーヒーや紅茶は最高です。

一眼レフカメラ・コンデジ

ピクニックに行けば被写体がたくさんあるので写真を撮影するのが楽しくなります。

iPhoneやスマホでもいいですが、もっと綺麗に写真を撮りたいというかたは一眼レフを持って行くことをおすすめします。

いいカメラがあれば集合写真も綺麗なショットになります。

スピーカー・ラジカセ

景色を見ながら好きな音楽を聴くのもピクニックを楽しむ方法のひとつ。

Bluetoothスピーカーやコードレスのラジカセを持って行けば外でも好きな音楽を楽しめます。

ただし、周りの方に迷惑のかからないようにしましょう。

遊び道具

ボールやフリスビーなどがあれば外遊びが楽しめます。

普段体を動かさない方でも楽しく遊べるのではないでしょうか。

子供との遊びも盛り上がるので楽しくなります。

まとめ

春は景色がとっても綺麗で気候も快適な季節です。

家族や友人と外にでかけてピクニックを楽しんで見てはいかがでしょうか?

その際は忘れ物がないように上記の持ち物を前日にチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です