【ヒルナンデス】ドラッグストアの薬剤師さんが教える正しい胃薬と歯ブラシの選び方

先日のヒルナンデスで、ドラッグストアの薬剤師さんが正しい胃薬と歯ブラシの選び方をご紹介していました。

胃薬も歯ブラシもわたしにとってマストアイテム。

かなり勉強になったので共有します。

胃薬の失敗しない選び方

胃薬ってどう選んだらいいかわかりませんよね。

わたしはいつも胃が痛くなったらセルベールって決めています(笑)

お医者さんに通うのがベストですが、すぐ行けないときとかはやはり胃薬に頼ってしまいます。

そんな胃薬ですが、症状にあった胃薬を選ばないと効果が薄くなるんだとか。

胃もたれ


胃もたれに効くのはパンシロン・キャベジン・セルベールなどです。

食べ過ぎ飲み過ぎなどに効果があります。

ちくちくした胃痛


ガスター10・スクラートなどがちくちくした胃痛に効きます。

チクチク痛いときは胃酸が出過ぎまたは、胃の粘膜が傷ついている可能性があります。

胃酸を抑えたり、胃の粘膜を保護する成分が入っているものがちくちく胃痛にいいんだとか。

キリキリした胃痛


ブスコパン・イノキュアSなどがあてはまります。

胃が痙攣するときに感じるのがキリキリする痛みです。

筋肉の収縮を和らげる効果があります。

どうしてもわからなかったら薬剤師さんに聞くといいそうです。

歯ブラシの失敗しない選び方

 

おそらく、歯ブラシを選ぶときやわらかいものや硬いものなど好みで選ぶ方が多いと思います。

しかし好みで選ぶのは実は間違いだったんです。

症状・用途別で選ぶのがいいんだとか!

虫歯対策


虫歯対策で選ぶなら歯垢を落とすことを目的とする歯ブラシがいいんだとか。

おすすめの形は歯と歯の間が磨きやすいジグザグカットかつまさき磨きやかかと磨きがしやすい平面カットがいいそうです。

歯周病対策

歯周病対策で選ぶなら、歯周ポケットに入った歯垢をとる&歯茎マッサージができる歯ブラシがいいですよ!

おすすめなのは毛先の細いもの!

歯周にとどきやすいので汚れが落ちやすいです。

毛がやわらかめか普通がいいですね。

歯茎から血が出やすい人はやわらかいものがいいですよ!

その他歯ブラシのおすすめポイント

・小さめのほうが奥や裏側など磨きやすい

・かたいものは汚れ落とすのはいいが歯茎を傷めやすい

・歯磨き粉も用途別で選んだほうがいい

・歯ブラシは交換1ヶ月が目安

かなり参考になる内容でした。

胃薬は特にです。

これから気をつけて歯ブラシも胃薬も選ぼうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です